キィの日記

趣味のお話とか

57 『SWAN SONG』 切実に生きることについて

f:id:kii8508110:20180714005048p:plain

 こんな糞みたいな世界で何かを望むのって本当に疲れると思います。そして、「僕は何も望んでいません」と何らかの形でハッキリ表明しようものなら、落伍者として蔑まれ罵られ孤立していく。だから「望むフリ」「希望するフリ」をして生きていかなくちゃならない。ですよね?

 

続きを読む

56 短編小説を書きました。(鯨探し)

kakuyomu.jp

 

『鯨探し』というお話を書きました。頭のオカシイ大学の先輩に連れられて、山へ鯨を見に行くお話です。

 もし良かったら読んでください。

55 以前、短編小説新人賞に出した小説を公開します

 以前どこかの記事でコバルトの短編小説新人賞に小説を投稿したというお話をしていましたが、すっかり全体に公開するのを忘れていました。

 特に賞とか貰ったりどっか紹介されたりは無かったので公開しても大丈夫だと思います。

kakuyomu.jp

 

 良かったら読んでみてください。

54 宿題

 期末レポートが迫ってくる。別に大した物ではない。取り掛かればすぐ終わってしまう程度のものだと思う。

 が、書けない。というより書く気がない。面倒くさい。

 大体、僕は昔から宿題というものが嫌いなのだよね。外から勝手にやってきて、ストレスを課して去っていく。運命の権化だと思う。夏休みの宿題はいつも最終日に泣きながらやっていたものだよ。なんでこんな想いしなくちゃいけないんですかって。僕が何を悪いことしたんですかって。これなら夏休みなんか無い方がマシだと思う。普段やってない特殊カリキュラムを、夏休みを理由に課すなんて悪魔の所業じゃない?どうかしているよ。

 中でも僕が一番嫌いだったのは読書感想文だった。大体、読書って選択肢の一つでしょう。無理矢理やるものでもなし。そして、読め読めと迫る大人の一部が言うほど切実に書を嗜まないことを僕は知っている。

 いや、僕だってコロコロコミックで感想文を書いてもいいよ、と言われたら喜んで書くと思うのです。『でんぢゃらすじーさん』で感想文を書いてもいいよ、と言われたら喜んで書くと思うのです。でも、それは許されない。『でんぢゃらすじーさん』を読めない大人はバカだと思いました。本当に大人って笑いのセンスが壊滅的だったな。

 僕が『ボボボーボ・ボーボボ』のアニメを観ていたときもそうでした。あんまり面白いので「ママも観ようよ!」と母親を誘ってみるのだけど「ええ……だって、アレ、意味わかんないし……」とすごく困った顔をしていた。これが楽しめないなんてかわいそうだなぁと心底思っていた。意味不明なオブジェを解する文化人の気持ちが少し分かった気がしたよ。まあ、だからこそ子供に「意味のわからないもの」を、楽しんでいるから、それだけで観せてあげられる両親の凄さが分かるのだけれど。

 ああ、それにしてもやりたくねぇなぁ。めんどくせぇなぁ。ばかみてえだちくしょう。

53

 仕方がないじゃないか。先生がそうしろと言っているのだから。

 そんなに僕って気持ち悪いのでしょうか。

 心の中であれこれ抗議を並べてみるのだが、ユイちゃんが僕と手を繋いでくれる気配はない。

 思う。6年生にもなって、手を繋いで入場するというのは、いくら運動会とはいえ、おかしいのではないか。

 僕は本番まで何度この羞恥に耐えねばならないのだろう。大体、運動会に練習っておかしいと思う。単なるレクリエーション企画でしょう?

 これは、日本の教育がどうにかなってしまったのではないか。

続きを読む

52

 僕は自己紹介というものが嫌いだ。入学式とか、クラス替えとか、どうせ最大公約数的趣味しか会話の取っ掛かりにならないんだから言う意味ないじゃん?ってずっと思ってる。

続きを読む

近況報告 2018春

 お久しぶりです。キィです。

 ブログの方は久しぶりですね。

 転入とか転出とか引越のあれこれで忙しくて中々纏まった文章を書く体力を確保する事が出来なかったので。

 

 日芸はダメでした。半年でそれまで数年受験から離れていた人間がいきなり偏差値50以上に合わせていくのは難しいですね。やっぱり。

 それでも一応滑り止めの大学に受かったので今僕は青森を離れて東京に住んでいます。

 下に住んでいるおばさんが厄介らしい(僕はまだ何もされていないが、管理会社の話によると警察沙汰になったりしたらしい)という事と、壁が薄くて音が筒抜けなとこ以外は特に不自由なく生活しています。ありがたいことですね。

 

 東大行くぞ行くぞ行くぞのノリから日芸に目標が変わって、最終的に滑り止めの大学にギリッギリ引っかかるというのは何とも格好がつかないオチでありますね。

 昔、野球をやっていた頃、キャップに「エースは俺だ!」とマジックで書いたけれど、結局ベンチ外より上には行けなかった事を思い出します。

 一度、誇大な目標を本気で信じてみないと人並みの努力が出来ないので。難儀な体質です。

 ともあれ取り敢えず「学生」という社会参画をしている体を手に入れたので、これは紛れもなく勝利であります。

 

 取り敢えず夏休みの最終日を延々と繰り返す日々は終わりました。バンザイ。

 数ヶ月したら自堕落になってそうだけど。

 

 それでは皆様、取り敢えず明日も生き残りましょう。

大学受験の日程を全て消化しました。

 大学受験の日程を全て消化しました。あとは発表を待つだけです。

 元々ゆるりゆるりと受験勉強をしていたので受験が終わったからといって特に生活が変化するという事はないですが、心理的な1つの区切りとして楽になったので良かったです。

続きを読む

2017面白かった本5選

 書こう書こうと思っていたらいつの間にか年が明けてました。

 あくまで「僕が2017年に読んだ本」であって2017年に出版された本ではないのであしからず。

 

続きを読む

YouTubeで仮面ライダー響鬼の無料配信をやっているぞ!(毎週金曜更新)

 書こう書こうと思っていたらもう金曜の更新目前になっていました。

 仮面ライダー響鬼の無料配信がYouTubeでやっているぞ!

www.youtube.com

 

 前々から気になってはいたけれど、中々見る機会が無かったのでこの配信はありがたい。

 

進路に悩む中学生・明日夢の描写が抜群に上手い

 こういうキャラをリアルに感じることの出来る子ってオタク以外仮面ライダー卒業しちゃってるんじゃ……というツッコミは置いといて。

 仮面ライダー響鬼には2人の主人公がいます。

 変身して怪物を倒すカッコイイ「大人」、響鬼さん。

 進路に悩む母子家庭で育った中学生・明日夢

 物語はこの明日夢響鬼さんの父と子に似た関係を中心に展開していきます(今のところ)。

 で、今配信されている第一話と第二話を見たんですけどこの明日夢の描写が抜群に上手い。

 

明日夢ママ「城南のブラバンってマイナーなんでしょ?アンタそれでもいいの?」

明日夢「あーもう!いいっつったじゃん!大体、城南にしとけって言ったの自分じゃん!」

ママ「しとけ!なんて言ってないでしょ!人のせいにしないでよ!城南の方が偏差値高いから行けそうならそこにしとけばいいんじゃないのって言っただけでしょ」

明日夢「同じことだよ……」

 

 大人と子供の間で揺れる、自分の決断に責任を持ちたくないあの感じ。このシーンだけで『仮面ライダー響鬼』は中学生男子をよく理解しているんだなぁと信頼してしまいます。

 もうこのワンシーンだけで視聴確定でしょう。

 響鬼さんの描写はまだまだ少ないのでどんな人物なのか掴めていないけれど、これから明日夢と一緒に色々するんだなぁと思うと期待大です。(後半はライダーバトル要素が強くなってこういう描写は減っちゃうらしいけど……)

 とにかく毎週チェックしていきたいと思います。(ブログに逐一書くかはわからんけどね)